保湿化粧品の選び方

ここでは、正しい保湿スキンケアを行うために、どんな化粧品を選べばいいのかをご紹介しています。

美肌を保つためのスキンケアとは、とてもシンプルです。「いらないものをしっかり落とす」こと、そして「必要なものを確実に入れ込んであげる」、この2点です。このどちらかが完璧でも、もう一方が欠けていては意味がありません。そんなこと当たり前!と思った方もたくさんいるかと思いますが、これが実はとても難しい!

落としているつもりでも実際は毛穴に汚れが残っていたり、落とさなければとこすりすぎて肌に負担をかけていたり…そんなトラブルを避けるために、正しい保湿化粧品の選び方をご紹介します。

無添加化粧品を選ぶときの注意点

最近は「無添加化粧品」という言葉を良く聞きますよね。合成化学成分を使用していない、肌に優しい化粧品を選びたい、という敏感肌の方や肌に余計な刺激を与えたくないというユーザーに人気ですよね。しかし、無添加ならなんでも安心、というわけではありません。

中には、香料・着色料が添加されていないだけのものを無添加化粧品と謳っているものもありるからです。

例えばパラペンやフェノキシエタノールといった化学物質が含まれる化粧水であっても、「無添加」という表示をすることができます。無添加にとことんこだわりたい場合、しっかりと成分表示を見て、肌に負担となっているものが配合されていないかを自分の目で確認する必要があります。

天然保湿成分で注意したいこと

無添加化粧品に配合されている「天然成分」にも注意が必要です。天然の成分であっても、化粧品に含まれる、そば・落花生・卵・乳製品といった原材料がアレルギー症状を引き起こすこともあるからです。

また、肌の保湿を実現する化粧品とは、「効果のある成分をいかに効果的に配合しているか」ということが大切です。例えば、美白効果で有名なビタミンCですが、実は肌になじみにくく奥までは浸透しないという特徴があります。そのため、いかに浸透できる方法を見出すか、またいかにフレッシュな状態の成分を維持するのか、などを重要視する必要があるのです。

そして、どんなに効果的な化粧品を使用しても、ケチケチしながら少しずつ使っていては意味がありません。毎日たっぷり使える、コストパフォーマンスの面も無視してはいけません。1回の必要量と価格のバランスの良いものを選びましょう。