入っていてほしい保湿成分

ここでは、保湿成分のもつ役割などについて調べてみましたので紹介していきます。

保湿成分にもいろいろな種類があり、それぞれに違った働きをもっています。それを知っておくことで上手な保湿化粧水選びができそうですね。自分の悩みに合ったスキンケアができるための知識として知っておくといいでしょう。

肌は大きく分けると角質層と真皮層に分かれて保湿機能もそれぞれです。保湿成分を効果的に選ぶために、わかりやすく説明していきます。

角質層に働く保湿成分

角質層に効果のある保湿成分には次のものがあります。

  • セラミド

    セラミドは、角質細胞間脂質という角質層内の細胞と細胞を結合させるために必要な物質の約4割を占めています。セラミドには水分をしっかり挟み込んで離さないという特徴があり、細胞と細胞の間で水分を蓄え続ける保湿成分といえます。保湿成分の中でも最強といわれ、化粧水などの中にはこのセラミドと似たセラミド様物質がつかわれています。

  • ステアリン酸コレステロールまたはコレステロールエステル

    セラミドと同じく角質細胞間脂質のひとつです。保湿力はセラミドよりやや劣ります。

  • NMF(天然保湿因子)

    角質細胞間脂質が細胞と細胞の間にあるのと違い、これは角質細胞の中にある保湿成分です。20種類程度の成分から構成されているといわれ、その中にはアミノ酸や尿素、PCA(ピロリドンカルボン酸)などがあります。使い心地はべたつかずさらっとした感じです。また、尿素は乾燥肌の治療薬などにもよく使われ、水分の被膜を作るとともに皮脂と混ざり合うことで肌のバリア機能を高めてくれるという特徴があります。

真皮に働く保湿成分

真皮層に効果のある保湿成分には次のようなものがあります。

  • ヒアルロン酸

    ヒアルロン酸は、細胞や組織の間にあって隙間を埋め細胞の働きを調節してくれます。高い保湿力が特徴で本来人の細胞の中に存在する物質ですが、加齢とともに減少していきます。60歳では新生児の3分の1程度になるともいわれ、肌の老化の原因ともされています。

  • コラーゲン

    真皮の主成分とされている物質です。水分との親和性が高いため水分をつかんで離さないという特徴があります。アレルギーも起こりにくいので、肌の弱い人にも安心です。一般的には牛や豚などの動物由来の加水分解コラーゲンを配合されていますが、実際のところ肌の外からつけても真皮まで届くことはありません。

  • エラスチン

    真皮に弾力を持たせる働きを持つ物質です。真皮の繊維芽細胞という細胞の赤ちゃんから合成される物質です。

  • ヘパリンと類似した物質

    真皮を構成する物質の中にわずかに含まれているのがヘパリンです。ヘパリンにも水分を離さない性質があるため、化粧品や非薬品などの保湿成分としてヘパリンと似た成分を使用しています。